頭頂部ハゲに悩む男性は多い

薄毛に悩んでいる男性は、頭頂部や生え際を気にされている方が多くなっています。

頭頂部のハゲ

これらは、男性型脱毛症(AGA)の典型的な症状の一つです!

男性型脱毛症が発症すると男性ホルモンの分泌が激しくなり
このような特定部位の薄毛が進行する傾向にあります。

これは女性には見受けられず、男性特有の薄毛の症状と言えるでしょう。
こうした薄毛に悩んでいる方は、育毛剤を使った治療が効果的です。
育毛剤は第1類医薬品と医学部外品のものがありますが、まずは医学部外品の育毛剤を使用する方は良いでしょう!

薬用ポリピュアEXのバナー

第1類医薬品の育毛剤は効果が期待できて魅力的な部分もあるのですが、副作用の危険性が高まるため、いきなり使用することはオススメできません。医学部外品の育毛剤なら効果も期待できて、それでいて副作用の心配も一切無し!毎日使用することで、頭頂部の薄毛も徐々に目立ちにくくなっていくことでしょう。

個人差はありますが、最低半年から1年程度は効果が出るまで見ておくべきです。
薄毛の改善は長期的な視野に立ち、育毛剤の塗布が大切になります。

人気の育毛剤ランキング

薬用ポリピュアEX

薬用ポリピュアEX

バイオポリリン酸の配合を増量してリニューアルしました!さらに新しい新成分として「センブリエキス」を配合し、AGAの原因であるα5リゼクターゼを阻害するのに有効な育毛剤です。しかも、他の育毛剤にくらべコスパは断トツ!これ1本で約2か月分もち経済的にも優しい製品です。

薬用ポリピュアEXの公式サイトへ

チャップアップ

チャップアップ

チャップアップには毛母細胞の働きを活性化させてくれるセンブリエキスや、頭皮の炎症やかゆみを抑制してくれるグリチルリチン酸など総勢32種類にも及ぶ有効成分が配合されているのが最大の特徴です。
非常に評価の高い医薬部外品の育毛剤で、日本の臨床医学発毛協会も認めている確かな育毛剤です。

チャップアップ(CHAPUP)の公式サイトへ

天然無添加育毛剤イクオス(IQOS)

イクオス

イクオスには業界最多の育毛有効成分をたっぷり配合してます。3ヶ月以内には76%の方が効果を実感しており、従来の育毛剤より効果が早いというデータもございます。また、無添加・無香料・無着色で素材にこだわった国産のため安心して使用することができます。価格も定期購入で6800円と従来の育毛剤と比べると良心的な価格設定となっており、今ではキャンペーンでサプリを無料プレゼントしております!しかも全額返金保証も業界の中では最長の45日となっているところも安心して購入できる点となります。

イクオスの公式サイトへ

薬用プランテル

薬用プランテル

M字部分の発毛効果が期待できる育毛剤として人気なのが薬用プランテルです。
合成着色料などの人工物は一切使用せず、男性ホルモンの抑制に大変効果が期待できるヒオウギエキスが入っています。また、発毛効果だけでなく、フケややかゆみを抑えてくれる甘草の根を使用しているのも薬用プランテルならではの特徴といえるでしょう。

薬用プランテルの公式サイトへ

育毛剤ブブカ

bubukaのバナー

最大の特徴はミノキシジルに匹敵する成分が配合されていること。ミノキシジルは副作用のある成分ですが、ブブカに配合されている成分は褐藻エキスやオウゴンエキスなどの天然成分を配合してるので、使用することによる副作用は一切なし。
褐藻類や植物性成分を使用したもので、外毛根鞘細胞の増加促進に役立ちます。また保湿効果もあり、頭皮に潤いを与えてくれて髪の毛のコシやツヤを蘇らせてくれる成分が配合されています。

bubukaの公式サイトへ

長期間の使用が基本

長期間の育毛剤使用

育毛剤を使用することによる頭頂部の薄毛改善は、早い人で3ヶ月程度、遅くとも半年から1年程度で徐々に効果が現れてきます。

どんな育毛剤を使用しても1年経過したからといって、すぐに頭頂部がフサフサになるわけではありません!自分の満足いくくらいの毛髪の量を追い求めるには2〜3年掛けて長期的な対策が必要となるでしょう。

それと現在の育毛剤は残念ながら、効果の持続性というのはあまりありません!仮に育毛剤を使用して頭頂部のハゲが治ってきたとしても、その後も継続的に使用する必要があります。

朝晩塗布することで時間を掛けて浸透し、効果を継続的に維持することができます。

使用中止は厳禁


しかし頭頂部の薄毛が治ったからといって、もし育毛剤の使用をすぐに辞めてしまったら、また、2、3年経過すると、頭頂部の薄毛が目立ってくるという事態に!育毛剤を使用することによって頭頂部に毛が生えてきたというのは、あくまでも育毛剤の作用によるもので、自力で髪の毛が維持できる力がついたというわけではありません。

このように頭頂部の薄毛が目立ちにくくなってきても、育毛剤の使用頻度を多少下げたり、まったく使用をやめてしまうというのは避けた方が良いでしょう。